Logitec(ロジテック)、Corega(コレガ)で販売された「RAID機能搭載の外付けHDDケース」においてRAID構成の状態ならびに搭載HDDのS.M.A.R.T.状態を知りたい場合があります。そんなときにはチップメーカーのマネージャーソフトウェアを用いれば容易に確認できます。これによってケースに搭載されたHDDの状態を可視化できるようになるので、故障する危険性を事前に察知することが可能になります。今回はそんなお話。

AMD製CPU(A-Series)を搭載したPC環境でUSB3.0接続で不具合が発生。AMDチップドライバを更新した際にUSBフィルタドライバが追加インストールされたようで、これの動作が上手くない様子でUSB3.0を認識しない・USB3.0で突然接続が切れることがあった。原因と思わしきUSBフィルタドライバ「usbfilter.sys」を削除したお話です。

無料メディアプレイヤーの「VLC」が「3.0 Vetinari」にバージョンアップして一部の機能が追加されたので、これを機に設定項目の「ビデオ」「ビデオ > フィルター」の設定値を見直したお話です。できればブルーレイ(フルHD)画質へ...無理でもHD画質程度を目指したい。結果的には、設定値の見直しでデフォルト時よりも再生画質に改善がみられるようになりました。

PlayStation3でBlu-ray・Game Disc・DVD-ROMのいずれかが読み込みされない症状が発生。所有製品が旧型機種のため、メーカーサポート終了で修理受付も行っておらず、新機種へ買い替えかと頭を抱えることがあったので、買い替えする前に行った対処を備忘録しておきます。結果的には買い替え・分解・部品交換・修理を必要とせずに改善しました。なお、この対処方法は、PlayStation4にも転用できます。

AdSenseでモバイル向けの自動広告には、ページ上部または下部にに固定される「アンカー広告」があります。制作サイトによってはヘッダー部分(メニューバー)を固定で表示させることあります。この場合、AdSenseのモバイル向け自動広告(アンカー広告)をデフォトのまま使用するとトップアンカー広告が表示されるために固定しておいたメニューバーが隠れてしまうことがあります。今回は上部に表示されるトップアンカー広告を無効化する方法のお話です。

最近販売されているPCには光学ドライブ非搭載のタイプが増えてきました。新規にDVD-Rや光学ドライブを買わなくても安価に入手できるUSBメモリでインストールメディアを作成しましょう。DVD-Rよりも静かに、環境によっては高速なインストールが可能です。今回は事前に入手しておいたWindows10のインストールメディアイメージ(ISOファイル)をUSBメモリに書き込んでUSB型のインストールメディアを作成する方法のお話です。

Windows 10の大型アップデート「April 2018 Update (Windows10 1803)」が2018年4月30日より配布され適用可能になりました。今後のトラブルに備えて念のため、Windows 10のインストールメディアも更新しておこうと思います。今回はディスクイメージのISOファイルを「Microsoft.com(公式サイト)」からダウンロードする方法のお話です。

近年のマイニング需要で品薄状態が続いていたグラフィックカード(主にミドルクラス)が中古市場に流れ始めました。マイニングで利益を得ようとした方が、「GeForce GTX 1050Ti」「GeForce GTX 1060」あたりを使ってマイニングを試したようですが、最近の仮想通貨の値下がりに短期的な収支バランスが取れず断念した模様です。そのため、現在新品と同等価格で取引されている「GeForce GTX 1050Ti」「GeForce GTX 1060」は、もう少し時間が経てば中古価格も低下するのではないかと思うので中古でもOKという方はこの機に購入を検討してもいいかもしれませんね。

Microsoft Office製品(Windows版、Mac版)はプリインストール版、パッケージ版どちらもサポート期間内の製品であれば1回限りだけどライセンスの再発行をしてもらうことが可能ってお話です。ライセンスの再発行は、回数制限があるもののOSのリカバリーやクリーンインストールする際でOffice製品のプロダクトキーとメディアを紛失してしまっているときに非常に役立つサービスなので機会があれば利用しよう(場合によっては利用できない場合あり)。